▲貴方のパートナー「メル友」

メル友という男女の関係を持っていれば貴方が周囲の人に話すことの出来ないような悩みを相談することが出来るでしょう。
実際に一度も会っていないメル友だからこそ人には言えないことを話すことが出来るのです。

 

出会い系サイトにおける掲示板に「メル友募集」などという書き込みを見つけたらまずはメールを送ってあげましょう。
この時に「よろしかったら僕とメル友になりませんか?」というありがちな内容ではなく、自分の趣味や特技などを入れると良いでしょう。
メル友と長期間関係を続けるコツとしましては、相手からのメールには出来る限り早く返信をしてあげるということです。
長期間メール交換を繰り返していくことにより、うまくいけば実際に会う時も来ることでしょう。

 

あまりにも多く運営している出会い系サイトですが、適当に利用をしていても出会いを見つけることは出来ません。
登録をする前に出会い系サイトテクニックを理解する必要があります。

 





大阪 出張マッサージおすすめ
大阪 出張マッサージ
URL:http://www.relakupon.com/


▲貴方のパートナー「メル友」ブログ:20-1-24

ミーと祖母には、
遠い昔に因縁の対決がありました。

それは、
ミーが5歳になるかならないかの頃、
4歳上の姉と一緒に祖母の家にお泊りにいった時のこと…

ミーにとっては、
生まれて初めてのお泊りで、
ウキウキしながら行ったはずの祖母の家なのに、

24時になるにつれて、あたりは暗くなり
玄関に置いてあるお面が黒光りし、
だんだん怖くなって家に帰りたくなります。

とうとう、耐えられなくなったミーは、
「うえぇ〜ん、家に帰る、このうち怖ーい!」

こうなったら、居てもたってもいられません。
もちろん、そこにいる保護者である祖母は
出て行こうとするミーを必死に止めます。

しかし、その時のミーには、
「怖いところに押しとどめようとする鬼ばば」
にしか見えません。

大人になった今なら、止めて当たり前だと思うのですが、
出ていくことに必死のミーは、
とうとう暴言をくちにします。

「おばあちゃんなんか大嫌い!!」

ミーにそう言われて、本気を出す祖母、

「ミーも、あんたのこと好かんわね、あんたなんか泊りにこなくていい!」

ガーン、幼かったミーにはショックな一言でした。
結局、泊まらず
お母さんに迎えに来てもらって家路についたのでした。

それから20年以上、
ミーは祖母の家には行くけども
どこか近づきにくい存在になっていました。

おそらく、祖母に嫌いと言ったミーは
好かれるわけがないというのが
心のどこかにずっとあったようです。

それまでのミーは、
拒絶されることが怖くて、
祖母の顔をよく見ることができませんでした。

20数年間怖くて見ることが出来なかった祖母の顔は、
とっても愛おしい表情でした。

ミーは今までもったいなかったなと思いつつ、
勇気をもって顔をあげることができて
よかったなと思っています。